家紋の印鑑

象牙印鑑イメージ

印鑑に使われている材質って知ってますか?
プラスチックも最近は多いですが、安価な三文判に多いですね。
三文判は既製品で機械での大量生産のものがほとんど。
もともとは柘という木材や、象牙なんかが使われてきました。
それはなぜなのでしょうか。

この柘という木材も象牙も、印鑑に適した性質を持っているからなのです。
柘という印材は、とても繊維が緻密で堅く、そして程よい粘りを持っていて、印鑑彫刻にちょうど良いものなのだそうです。
そして木目も美しく、持った感触や朱肉の付き、押した感触と、印鑑にとてもいいものなのだそうです。
象牙に至っては、印鑑界のキングというくらい、他とは比べのものにならないくらい、うってつけなのだそうです。
硬さに粘り、そして耐久性とすべてにおいて最適。
そして材料の希少さからもとても高級品なのです。
昔乱獲、密猟が流行ってしまったことがあり、今では種の保存の観点で、政府からちゃんとお墨付きを貰わないと、売買を行うことが出来ないようになったそうです。

というように、印鑑にあった材料を用いて印鑑は作られているのです。
有名な木材である杉の木でも、あれは印鑑のような小さな加工には向かなくて、圧縮加工して初めて印鑑の材料として使えるようになったそうですよ。
社印の印材であれば、柘でも鹿児島産の原木から作られた高級品、薩摩本柘を使っていてもいいかもしれませんね。
会社内で使うとはいえ、ちゃんとしたものを使う方がいいと思います。

ページの先頭へ